1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 白洲正子

白洲正子

白洲正子  シラスマサコ

(1910-1998)東京・永田町生れ。薩摩隼人の海軍軍人、樺山資紀伯爵の孫娘。幼時より梅若宗家で能を習う。14歳で米国留学、1928(昭和3)年帰国。翌年、実業家の白洲次郎と結婚。1943年『お能』を処女出版。戦後、小林秀雄、青山二郎らを知り、大いに鍛えられて審美眼と文章をさらに修業。1964年『能面』で、また1972年には『かくれ里』で、ともに読売文学賞を受賞している。

私の百人一首
私の百人一首白洲正子自作を語る
  • shincho LIVE!
  • 新潮社