1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 宮尾登美子 > 
  4. 仁淀川

宮尾登美子が自作「仁淀川」を語る

仁淀川

綾子二十歳。敗戦、疾病、両親の死。絶望の底で見出した作家への道。『櫂』『春燈』『朱夏』と連山を成す宮尾文学の最高峰。

満州で敗戦を迎え、夫と幼い娘と共に必死に引揚げてきた二十歳の綾子は、故郷高知県の仁淀川のほとりにある夫の生家に身を落ち着ける。農家の嫁として生活に疲れ果てて結核を発病した綾子に、さらに降りかかる最愛の母・喜和と父・岩伍の死。絶望の底で、せめて愛娘に文章を遺そうと思い立った綾子の胸に「書くことの熱い喜び」がほとばしる。作家への遥かな道のりが、いま始まった――。

本の購入

宮尾登美子

宮尾登美子/著

1926(大正15)年、高知市生れ。17歳で結婚、夫と共に満州へ渡り、敗戦。九死に一生の辛苦を経て1946(昭和21)年帰郷。県社会福祉協議会に勤めながら執筆した1962年の「連」で女流新人賞。上京後、九年余を費し1972年に上梓した「櫂」が太宰治賞、1978年の『一絃の琴』により直木賞受賞。2009(平成21)年文化功労者となる。他の作品に『序の舞』(吉川英治文学賞)『春燈』『朱夏』『寒椿』『宮尾本平家物語』『錦』など。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社