1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 城山三郎  > 
  4. 官僚たちの夏

城山三郎 が自作「官僚たちの夏」を語る

官僚たちの夏

日本人の誇りを取り戻そう! 高度成長期の日本を引っ張った、官僚たちのたぎる情熱。佐藤浩市、堺雅人ら出演でテレビドラマ化!

日本人の誇りを取り戻すべく、固い信念で通産行政を強引、着実に推し進め、次官への最短コースを疾走する“ミスター・通産省”風越信吾。高度成長政策が開始された60年代初め、通産省という巨大複雑な官僚機構の内側における、政策をめぐる政府・財界との闘いと、人事をめぐる官僚間の熱い戦いをダイナミックに捉えた城山三郎の代表作! 

【収録時期】1975(昭和50)年6月

本の購入


電子書籍の購入

城山三郎

城山三郎 /著

(1927-2007)名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。一橋大学を卒業後、愛知学芸大に奉職し、景気論等を担当。1957(昭和32)年、『輸出』で文学界新人賞を、翌年『総会屋錦城』で直木賞を受賞し、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞を受賞した『落日燃ゆ』の他、『男子の本懐』『官僚たちの夏』『秀吉と武吉』『もう、きみには頼まない』『指揮官たちの特攻』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2002(平成14)年、経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社