1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 吉村昭 > 
  4. プリズンの満月

吉村昭が自作「プリズンの満月」を語る

プリズンの満月

「同じ日本人のくせに、銃を手におれたちを監視するのか。その銃でおれたちを撃つというのか」戦犯とは、東京裁判とは何だったのかを綿密な取材で描く。【吉村文学・圧巻の力作】

40年におよぶ刑務官生活にピリオドを打った鶴岡に、再就職の話が舞い込んだ。それは、巣鴨プリズン跡地に建つ高層ビル建設の警備を指揮するというものだった。鶴岡の脳裏に、かつて自らが刑務官として勤務したプリズンの情景がよみがえった――。敗戦国民が同国人の戦犯の刑の執行を行うという史上類のない異様な空間に懊悩する人々の生きざま。綿密な取材が結実した吉村文学の新境地。

本の購入


電子書籍の購入

吉村昭

吉村昭/著

(1927-2006)東京・日暮里生れ。学習院大学中退。1966(昭和41)年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。以来、現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表した。主な作品に『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『破獄』(読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)等がある。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社