1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 長江俊和 > 
  4. 出版禁止

長江俊和が自作「出版禁止」を語る

出版禁止

なぜ「心中事件」のルポは、闇に葬られたのか――あの「放送禁止」の監督は、小説書いても、凄かった!

題材は、ある「心中事件」。死ぬことができなかった女性へのインタビューを中心に構成されたルポ「カミュの刺客」は、なぜ封印されたのか? 熱狂的中毒者続出の「放送禁止」の生みの親、長江俊和が放つ、繊細かつ大胆なミステリ。先入観を投げ捨てて、禁じられたこの世界へどうぞ。こんなに何度も「驚愕」できる本、滅多にないです!

本の購入


電子書籍の購入

長江俊和

長江俊和/著

1966(昭和41)年大阪府生まれ。映像作家、小説家。深夜番組「放送禁止」を制作、熱狂的なファンを生む。監督として映画化し、上映。2014年、小説『出版禁止』を上梓し話題に。著作に『ゴーストシステム』『掲載禁止』『東京二十三区女』など。『検索禁止』は初のノンフィクション。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社