1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 池波正太郎  > 
  4. 忍びの旗

池波正太郎 が自作「忍びの旗」を語る

忍びの旗

愛か任務か――甲賀者の苦悩。秀吉の小田原攻めの裏に潜む熱い人間ドラマを描く傑作時代小説。

戦乱の渦がいやおうなく忍びの世界をも巻きこんだ豊臣秀吉の治世――甲賀忍者・上田源五郎は、亡父の敵とは知らず、その娘を愛した。彼の運命を変えたのは、実にこの時であった。“忍びの生死は闇から闇へ消えるもの。だが俺は……”組織の非情の掟にそむき、執拗な追跡をうけつつも、人間の熱い血と忍者の苛酷な使命とを、見事に溶け合わせて生きぬいた男の流転の生涯。

【収録時期】1979(昭和54)年2月

本の購入


電子書籍の購入

池波正太郎

池波正太郎 /著

(1923-1990)東京・浅草生れ。下谷・西町小学校を卒業後、茅場町の株式仲買店に勤める。戦後、東京都の職員となり、下谷区役所等に勤務。長谷川伸の門下に入り、新国劇の脚本・演出を担当。1960(昭和35)年、「錯乱」で直木賞受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」の3大シリーズをはじめとする膨大な作品群が絶大な人気を博しているなか、急性白血病で永眠。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社