1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 白洲正子 > 
  4. 私の百人一首

白洲正子が自作「私の百人一首」を語る

私の百人一首

かるたの絵札を愛でつつ歌の魅力とその心を味わう──ほんものの楽しみ方を教えてくれます。

ひさかたの 光のどけき春の日に しずこころなく 花の散るらむ――どこかで習い覚えた百人一首の歌。雅びな言葉の響きを味わい、古えの詠み人の心を辿ると、その想いが胸に届きます。一首一首の読みどころ、歌の背景、日本の和歌の歴史――白洲さんの案内で、愛蔵の元禄かるたの美しさを愛でつつ歌の心を知り、ものがたりを読み解くような面白さとほんものの風雅を楽しみましょう。

【収録時期】1977(昭和52)年1月

本の購入

白洲正子

白洲正子/著

(1910-1998)東京・永田町生れ。薩摩隼人の海軍軍人、樺山資紀伯爵の孫娘。幼時より梅若宗家で能を習う。14歳で米国留学、1928(昭和3)年帰国。翌年、実業家の白洲次郎と結婚。1943年『お能』を処女出版。戦後、小林秀雄、青山二郎らを知り、大いに鍛えられて審美眼と文章をさらに修業。1964年『能面』で、また1972年には『かくれ里』で、ともに読売文学賞を受賞している。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社