1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 宮城谷昌光 > 
  4. 晏子

宮城谷昌光が自作「晏子」を語る

晏子

戦乱の古代中国春秋期。戦火茫々、一人の英傑が覇の地平に臨む。

強国晋を中心に大小いくつもの国が乱立した古代中国春秋期。気儘な君公に奸佞驕慢な高官たちが群れ従う斉の政情下、ただ一人晏弱のみは廟中にあっては毅然として礼を実践し、戦下においては稀代の智謀を揮った。緊迫する国際関係、宿敵晋との激突、血ぬられた政変……。度重なる苦境に晏弱はどう対処するのか。斉の存亡の危機を救った晏子父子の波瀾の生涯を描く歴史巨編、待望の文庫化。

【収録時期】1994(平成6)年10月

本の購入


電子書籍の購入

宮城谷昌光

宮城谷昌光/著

1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て1991(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。1993年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞。2001年、『子産』で吉川英治文学賞受賞。2006年、紫綬褒章受章。『晏子』『玉人』『史記の風景』『楽毅』『侠骨記』『沈黙の王』『管仲』『香乱記』『二国志』『古城の風景』『春秋名臣列伝』『楚漢名臣列伝』『風は山河より』『新三河物語』『呉越春秋 湖底の城』『草原の風』等著書多数。2013年には10年にわたって「文藝春秋」で連載した『三国志』を完結した。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社