1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 井上靖 > 
  4. 孔子

井上靖が自作「孔子」を語る

孔子

聖人の人生は奇蹟に似ている。孔子の心打つエピソードを重ねて、その人間像を浮き彫りにした名作。

二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く歴史小説。『論語』に収められた孔子の詞はどのような背景を持って生れてきたのか。十四年にも亘る亡命・遊説の旅は、何を目的としていたのか。孔子と弟子たちが戦乱の中原を放浪する姿を、架空の弟子・えん薑が語る形で、独自の解釈を与えてゆく。現代にも通ずる「乱世を生きる知恵」を提示した最後の長編。野間文芸賞受賞作。

【収録時期】1989(平成元)年9月

本の購入


電子書籍の購入

井上靖

井上靖/著

(1907-1991)旭川市生れ。京都大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社に入社。戦後になって多くの小説を手掛け、1949(昭和24)年「闘牛」で芥川賞を受賞。1951年に退社して以降は、次々と名作を産み出す。「天平の甍」での芸術選奨(1957年)、「おろしや国酔夢譚」での日本文学大賞(1969年)、「孔子」での野間文芸賞(1989年)など受賞作多数。1976年文化勲章を受章した。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社