1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 遠藤周作 > 
  4. 悲しみの歌

遠藤周作が自作「悲しみの歌」を語る

悲しみの歌

人生の裏表を知って初めて分かる、生きていることの悲しみ。救世主ガストンは静かに泪を流す。『海と毒薬』の続編ともいえる名作。

米兵捕虜の生体解剖事件で戦犯となった過去を持つ中年の開業医と、正義の旗印をかかげて彼を追いつめる若い新聞記者。表と裏のまったく違うエセ文化人や、無気力なぐうたら学生。そして、愛することしか知らない無類のお人好しガストン……華やかな大都会、東京新宿で人々は輪舞のようにからみ合う。――人間の弱さと悲しみを見つめ、荒涼とした現代に優しく生きるとは何かを問う。

【収録時期】1977(昭和52)年1月

本の購入


電子書籍の購入

遠藤周作

遠藤周作/著

(1923-1996)東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある。主な作品は『海と毒薬』『沈黙』『イエスの生涯』『侍』『スキャンダル』等。1995(平成7)年、文化勲章受章。1996年、病没。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社