1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 池波正太郎  > 
  4. 日曜日の万年筆

池波正太郎 が自作「日曜日の万年筆」を語る

日曜日の万年筆

私は、自分の勘のはたらきだけによって仕事をし、生きてもいる。食、映画、創作、人生について――。作家の思いが伝わる極上のエッセイ集。

池波正太郎のエッセイには――男の本音がある、人生がある、生きる楽しみを享受する男のリズムがある。作家への道を拓いた幼き日の観劇の一日、手と躰で物を造る感覚を養った旋盤工時代、行きづまった小説の結末を見いだしてくれた飼い猫ネネの話、映画のこと、衣食住について、現代人の見失ったもの、仕事の裏ばなしなど……。手練の切れ味を見せる“とっておきの51話”。

本の購入


電子書籍の購入

池波正太郎

池波正太郎 /著

(1923-1990)東京・浅草生れ。下谷・西町小学校を卒業後、茅場町の株式仲買店に勤める。戦後、東京都の職員となり、下谷区役所等に勤務。長谷川伸の門下に入り、新国劇の脚本・演出を担当。1960(昭和35)年、「錯乱」で直木賞受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」の3大シリーズをはじめとする膨大な作品群が絶大な人気を博しているなか、急性白血病で永眠。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社