1. TOP > 
  2. 作家一覧 > 
  3. 田辺聖子 > 
  4. 夕ごはんたべた?

田辺聖子が自作「夕ごはんたべた?」を語る

夕ごはんたべた?

田辺さんの手にかかると、人間はこんなにも愛おしい。西加奈子さん絶賛。尼崎下町の開業医、吉水三太郎。身勝手な子供たちに悩まされながら考える「やさしさ」。

尼崎の下町で皮膚科を開業する中年医者、吉水三太郎。子供たちは、学園紛争の後遺症で、いまだに内ゲバにまきこまれたり、高校を中退してシンナー遊びに走ったり。それに一喜一憂する妻の玉子。そんな中で、杓子定規な校長や無責任な親子関係論をブツ教育評論家に腹を立てながら、人生の喜びを味わっていく三太郎博士の眼を通して、本当のやさしさとは何かを考えさせるユーモア長編。

本の購入

田辺聖子

田辺聖子/著

1928(昭和3)年、大阪生れ。樟蔭女専国文科卒業。1964年『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)』で芥川賞、1987年『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、1993(平成5)年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を、1994年菊池寛賞を受賞。また1995年紫綬褒章、2008年文化勲章を受章。小説、エッセイの他に、古典の現代語訳ならびに古典案内の作品も多い。

  • shincho LIVE!
  • 新潮社